無酸素BLOG

意味なんてねーよ、意味なんて

一生懸命という言葉は、本当は一所懸命だったんだぜ

うんこが便器の底にこびりつくのをなんとかしたい。土俵際の横綱か。こんばんわ、蒼也です。

いまじゃすっかり市民権を得た「一生懸命」という言葉ですが、実はもともと誤用というか誤字だったんですよ。

もともとは「一所懸命」というのが正解で、「ひとつのところで懸命になる」というような意味でこの感じが使われているわけです。よくよく意味を考えてみると、一生、懸命に頑張るだとちょっと意味合いが変わってくるもんね。その場を頑張るっていう意味で使うわけだし。

けれども、一所懸命というのを一生懸命だと聞こえて勘違いして使用している人がどんどん多くなっていって、ついには、一生懸命もホンモノの言葉になってしまったというわけです。

たぶん俺が生まれる前だと、「一所懸命」が正解だったんじゃないかな。

偽物でもやり続けることで、ついには本物になってしまうという、なんだか偽物語を思い起こさせる事象だ。

と、わりとどうでもいい内容のブログを更新してみたわけですが、なかなかガッツリとブログ更新する時間が取れなくて、まじで貧乏暇なしですわ。

これくらいライトな内容のものを更新することで、いわゆる、お茶を濁したというわけです。

おやすみなさいー

「2017-2018年 冬春スマホ」俺的ポイント

f:id:Souya:20171026004551p:plain

先日、ドコモの2017年~2018年の冬春モデルが発表されましたね。

いやさ、特に目新しいことを言うわけではないのだけどさ、ほんの1ヶ月前くらいに2年間使い続けたGALAXY S6から機種変したばかりなのです。

その際、次はどのスマホにするかいろいろと調べたので、軽くポイントを紹介しようと思う。

タイミングがタイミングなんで、冬春モデルだけでなく、夏モデルも含めての話になります。

AndroidならXperiaかGALAXYか

Androidのフラッグシップモデルと云えば、やっぱりXperiaとGALAXYですよ。スペック的にも話題的にもこの2つのメーカーが一歩先を行っている感じがする。

正直、今年の夏に発売されたXperia ZX PREMIUMとGalaxy S8はスペック的には遜色ない2台となっている。それはCPU的な点でも、カメラ的な点においても、だ。

というところで、俺もかなり悩みました。でもやっぱりジャパニーズピーポーな俺なので、ソニーかなと思っておったのです。

しかし。

実機を手にとってみて、考えが変わった。

Xperiaのデザインがダサい。持ちにくい。何年前のデザインだよ。

一方、GALAXY S8はめっちゃスタイリッシュ。こないだiPhone Xが発表されて、そのベゼルレスなデザインが話題になったけど、GALAXY S8もベゼルレスデザインなのですよ。山崎賢人がCMやってる、アレね。

一方、秋冬モデルに目をやってみると、Xperia ZX1とGALAXY Note8がそれぞれのフラッグシップモデルとして発表されました。

ただこれね。Xperia ZX1はPREMIUMとあんまりスペック変わってないし、デザインも相変わらず。

GALAXY Note8もスペックはGALAXY S8と大差ない。ペンがついててでかいくらいだろうか。

そうなると、わざわざ待ってまで手に入れるほどじゃないなと。

ということで、GALAXY S8もしくはS8+のどちらかにしようと腹は決まったわけです。あとは実機を何度も触ってみて、S8+はでかすぎると感じたので、S8の方にしたわけです。

GALAXY S8Xperia ZX PREMIUMのスペック以外の違い

俺の場合は、デザインでGALAXYの方を選んだけど、実際使ってみると、その他にも違いがあった。

まず、ロックの認証方法だ。GALAXYは指紋認証虹彩認証、顔認証が用意されているのだけど、Xperia指紋認証だけだ。

正直、虹彩認証は角度も限定的だし微妙だけど、顔認証はけっこういい感じ。メガネをしてるかしてないかで反応が悪くなるし、暗いところでも効かないのが玉に瑕。ちなみに指紋認証は、後ろのカメラの隣に指を乗せるポイントがあるのだけど、ちょっとやりづらいかな。

認証方法以外だと、置くだけ充電の有無もある。GALAXYは置くだけ充電対応だけど、Xperiaができません。これ、あると結構便利なのだよね。

他にもGALAXYオリジナルの機能である「Always on Display」というのがある。スマホを消してるときは、通常はふつうに真っ暗な画面になるのだけど、「Always on Display」をONにしてると、時計や日にちといった情報が常に表示された状態になる。電池もほとんど消費しなくて、これなにげに便利ですわ。

そんなこんなでGALAXY S8おすすめです。

最後に。iPhone8のスペックは、GALAXY S8の2倍くらいあると、機種変したあとで知った…。

台所スポンジは汚い

家の中で一番雑菌が溜まっている場所って、台所らしい。

そして、その中でもキッチン用のスポンジがもっとも雑菌がいるのだ。やっぱ水回りって雑菌が繁殖しやすいよね。

なので、スポンジは定期的に交換するようにしよう。

100円ショップとかで売ってるスポンジって、すぐヘロヘロになるけど、定期的に交換するなら、そんなんでもいい気がしてきた。

逆に丈夫なスポンジだと交換するタイミングがわからんくなりそうだし。

うーむ、最適なスポンジってどんなのだろうね、雑菌が沸かないスポンジとかないですかね。

ラーメン二郎をまともに食えない歳になったことを実感した

スマホのカメラがぶっ壊れているから、写真も撮ってねーぜ。

俺は二郎がわりと好きで、ちょいちょい食べに行く。食べに行くって言っても、わざわざ二郎のためだけに遠出することはなく、俺はよく新宿にいるので、食べに行くのはもっぱら歌舞伎町店だ。

いつも美味しく召し上がっていたわたし様でしたが、二郎大好きのいわゆるジロリアンに言わせると、歌舞伎町店は下から数えたほうが遥かに早いほど評価が低い。てか、だいたい最下位評価が新宿の小滝橋通り店で、その次くらいに低い評価に留まっていることが多い。

いや、さすがに俺も小滝橋通り店は、そんなに好きじゃないよ。温かったし。

でも歌舞伎町店の方は結構好きなんですよ。でも評価低いから、上位の二郎はさぞかし美味いんだろうなと、いつか食べたいと渇望していたわけですよ。

そんなこんなで、去年かな、三田本店の二郎にはじめて行ってみた。

そんで、こないだ新橋店に行った。

そして、その2店舗の感想は同じだった。

「あ、これ食いきれない、気持ち悪くなってきた」

いやさ、脂っこいのがもう俺の胃が受け付けてくれないんです。カルビも白飯がなかったらキツイくらいですから。

もうね、あの二郎の豚肉がキツイわ。無理だわ。美味いんだけどね。

俺が歌舞伎町店が好きなのは、他の店舗に比べてマイルドだからなんだな、と思いました。俺は一生ジロリアンになることはないだろう。これからも歌舞伎町店に行きます。

2017夏ドラマの評価を一度も見てない俺がくだす回

まるで梅雨のような8月でしたね、今年は。てか、昨年も同じような微妙な8月だったぞ、どうなってるんだ、俺の大好きな夏を返してくれ。夏休みもまだ取ってないし。

というわけで、蒼也です。

前クールのドラマはリバースを見てて、その前はカルテットを見てたんだけど、今クールは何も見てないので、各ドラマのレビューをしちゃうぞ。想像で。あるいは創造でと言ってもいいですね、ウマイ!

ドラマの紹介

コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-

山Pやガッキー、戸田恵梨香といった人気どころの俳優さんが救急ドクターみたいなのを演じる、人気ドラマの続編だ。人気俳優たちがそれぞれオリジナルのヘリを駆って患者を救出する姿は今回も安定のクオリティ。かつては新人だった彼らが、今度は人を指導する立場に成長していく。まあ、天界は予想通りの感じなので、いい意味でも悪い意味でもなにも裏切られないぞ。

遺留捜査

遺留品に手を触れるだけで、持ち主の記憶を見ることができる主人公が事件を解決していくドラマだ。書いててサイコメトラーエイジを思い出したぞ。上川隆也さん、なにげ格好いいよね。

カンナさーん!

20世紀少年のカンナが大人になった姿を描く、続編だ。主演が渡辺直美なので、カンナもずいぶん太ってしまったものだ。復活したトモダチとの対決が見ものだぞ。カンナというより、ヤン坊マー坊だな。

刑事7人

刑事が7人ですったもんだする、おそ松さんの刑事版ドラマだ。ツッコミ役は上から3番目のチョロ田課長だぞ。


黒革の手帖

エルメスを超えるべく、黒革を使った革製品を世界的なブランドにしていく町工場のサクセスストーリーだ。手帖にかける女工場長を武井咲が情熱的に演じているぞ。

過保護のカホコ

両親に過保護に育てられてきたワガママな女の子カホコが起こす騒動に次ぐ騒動。ドタバタコメディだ。毎回笑ってしまう演出が見事だ。

ウチの夫は仕事ができない

仕事ができなくても、仕事しているだけマシだと思うぞ。

ハロー張りネズミ

ハリネズミを出会い頭に張り倒す男を瑛太が熱演。毎回いろんな種類のハリネズミが出てくる能力バトルだ。

ごめん、愛してる

愛してると言いながらも恋人を殴る、どうしようもない男の物語だ。謝ったって視聴者は許さないぞ。

愛してたって、秘密はある。

いぼ痔であることを隠しながらも、愛する人に愛を伝える感動ラブストーリーだ。

警視庁いきもの係

いきものがかりが一日警察所長に就任するドラマだぞ。

僕たちがやりました

ヤンジャンで連載していた、ひょんなことで人を事故で殺めてしまった高校生たちの成長と絶望の青春ストーリーだ。どうしようもなくて、エロさもあって、それでいて絶望的ないい漫画だったぞ。これだけはリアルに漫画見てたから、内容を知っているんだぜ。

セシルのもくろみ

FF4のセシルが暗黒騎士からパラディンになろうといろいろなことをもくろむ話だ。お陰でカインが闇落ちするぞ。

ウツボカズラの夢

ウツボカズラが見る夢をそのまま映像化した環境映像だ。

まとめ

個人的には、「僕たちがやりました」を見たいけど、エロいシーンが多いから親がいるときには見づらいぞ。

夏休みや休暇のあとにお土産を買わない私

へいよーぐっつすっす、土曜の夜です、蒼也です。懐かしの挨拶をしてみました、オブリビオン最高、スカイリム最高、新作はよ。

さて、なんかうちの会社の人たち、というかうちの会社に限らないのだろうけど、夏休みとか数日の休暇から戻ってきた人って、ほぼ必ずと言っていいほど「○○に行ってきたお土産を買ってきたのでみんなで食べてください」みたいなのがある。ほぼ必ずがどれくらいの確率なのかは知らん。

いやー、すごい、純粋にすごいなーと思うのです、ぼくのような狡い人間からすると。

自慢じゃありませんが、俺は今まで一回もこういった会社の人へのお土産というものを買ったことがない。まあ、そもそも旅行とか行かないというのも多分にあるのだけど、たまに行ってもお土産は買わない。

お土産って、どうにも購入する金額の割に、たいして効果を出さないように思えるのです。要するにコスパが悪い。

とはいえ、これは俺個人がお菓子とかそういうたぐいのものがあまり好きではなく、仕事中の間食なぞほとんどしない人間だからそう思うだけなのかもしれない、とも。

お土産っていうても、30人分くらいの分量のお菓子になると、2000円とかするし、ランチに換算すると3食分以上のお値段なわけですよ。

で、いただく側はせいぜい1つ分しかありつけないわけで、これは2000円の価値に見合うのだろうかと思ってしまう。

日本中の人に100円上げたら、100億円くらいかかるけど、別にもらう方は100円もらってもなー的なものに近いのだろうか。スケールが違いすぎますね、申し訳ございません。

とにもかくにも、みんなお土産買ってくるんだから、きっと俺がセコいんだろう…。

激辛マーボー豆腐を記事を書いたよ

俺はもう1こ、お料理ブログをやっているんだけれども、先日、超ウマイ麻婆豆腐のレシピを上げたぜ。

otoko-meshi.net

こいつは、めっちゃ本格的でそれでいてそこまで難しくないので、ぜひ見てみてください、うんこするときケツが痛くなるかもしれないけど、それは保証の対象外です。

そんな難しくないとはいったけど、鉄製の中華鍋がないとキツイかも。火力ガン焚きでひたすらファイヤーする料理なんでね。てか、中華料理なんてどれもそんなもんよ。